気軽に肺がんが探せます

肺がんは日本の男性のがんによる死因のトップと言われています。
ガン自体とても怖い病気ですが、その中でも肺がんになると苦しむと言われています。



呼吸ができなくなるとこれほど苦しいものはないと思います。

ですからできるだけ肺がんにはならないように気をつけたいものです。

そのためには定期的な検診を受ける必要があります。

人間ドックでも、会社などの健康診断でもめんどうくさがらずにしっかり受診しましょう。肺がん検診といえば胸部のレントゲン検査が一般的ですが、それだけでは不十分なことがよく問題になっています。


レントゲンだけでは分かりづらいので、CTを使ったほうがより精度が上がるようです。最新の肺がんに関する情報を公開しているサイトです。
去年のレントゲンでは何もなかったのに、今年のレントゲンでひっかかり精密検査をしてみたら手遅れということもあるようです。



こういう問題がテレビのニュースで取り上げられていました。


自治体によっては町の検診にCTを取り入れているところもあるそうですが、高額な費用がかかるのでなかなか他の自治体には広まらないそうです。ですから自己防衛がとても大事だと思います。

家族に肺がんの人がいたりタバコをよく吸う人や自分はまったく吸わないという人でも周りにタバコを吸う人がたくさんいるような環境にいれば受動喫煙の可能性もあります。
受動喫煙も今、問題になっているものです。

そういったリスクの高い人は検診でCTを受けておくことをおススメします。



すべての病気は早期発見早期治療で治すことが可能になります。
たとえ怖いがんと言えども完全に治すことも可能になるそうです。

がんの初期は自覚症状がないことが多いようなので、いかに検診が大事かがわかると思います。がんにならないためにも検診を受けてしっかり自分の生活を見つめなおして行動することが大事です。
一定の年齢になれば必ず健康診断を受診しましょう。

そして肺がんのリスクの高い人は胸部のレントゲンだけではなくCTも受けておきましょう。